令和元年度のマッチングレポート
2020.03.31

令和元年度沖縄空手案内センターは、39ヶ国から216件の個人や団体からの依頼を受け、県内の町道場や指導者へ合計682人を対象にマッチングを行いました。

 皆さんは、県内の62の町道場主及び指導者の下で沖縄空手・古武道を学びそして研究しました。

 なお、案内センター業務開始2017年4月から三年間、受け入れに携わった道場主や指導者の数は、111人となります。

 今年度、地域別の件数の割合は、ヨーロッパ地域37.5%、アジア地域35.2%、アメリカ大陸18.5%、その他のアフリカやオセアニア地域8.8%の内訳となります。

 受け入れの多かった出身国は、日本、アメリカ、フランス、オーストラリア、ドイツの順となります。

 ご協力いただいた道場の皆さんや指導してくださった先生方に厚く御礼申し上げます。引き続きよろしくお願い致します。

 沖縄で稽古をしたい方は、お気軽にお問い合わせください。

 

真栄城守信先生と稽古を終えたオーストラリアの団体

久米島の琉球古武道信武館吉本景正先生と稽古を終えたイギリスの空手家

ドイツの団体が伊敷秀忠先生と古武道を学ぶ。

小林流の上間建先生と空手を体験したイタリアの皆さん

日本本土の団体の皆さんが、少林寺流の親川仁志先生の元で、首里・泊手系を体験した。

沖縄剛柔流空手道協会の指導を受けたタイ国出身の剛柔会メンバー

米国の高校生が沖縄空手を体験した。指導は、小林流の比嘉康雄先生

JICA主催の研修の一環で、上地流の比嘉進先生と空手を体験した南米の皆さん

第6回沖縄空手アカデミー延期のお知らせ
2020.03.13

 3月23日(月)に延期した第6回「沖縄空手アカデミー」 を、新型コロナウイルスの状況に鑑み、再度延期することになりました。

 今後の開催については、県空手振興課ホームページ等でご確認下さい。

 なお、3月22日(日)に延期して開催を予定していた企画展関連イベント「展示解説会」を、新型コロナウイルスの状況に鑑み、中止になりました。

空手に関する重要な学術的研究の再紹介
2020.03.12

 

 1940年沖縄県うるま市与那城屋慶名生まれの中村完氏は、1965年に琉球大学教育学部を卒業した。

 その後、1985年に九州大学より博士号の学位を取得した。学位論文のテーマは、「スポーツ者の心身統御に関する心理学的研究一空手道修行者を対象として-」(1985)でした。それまで、中村先生の主な論文として、「空手修行者の心身機能に関する心理学的研究」(1977、写真、沖縄空手会館閲覧室蔵)、「空手道形の生体反応に関する生理心理学的研究」(1981)、「空手修行者の筋活動の統御に関する実験的研究」(1981)、「空手道修行者の人格特性に関する研究」(1982)、「空手道者の脳波Biofeed-backに関する研究」(1984)が挙げられます。

 以後も「武道者の人格特性について一空手道者を対象として(1989)、「空手道修行者の健康に関する心理学的研究」(1990)なども発表しました。

 

参考資料:中村完教授の略歴と業績(高良美樹著)

記事「空手を伝え、広める!」が掲載
2020.03.10

 

 1985年から活動する一般社団法人 沖縄しまたて協会(旧名「沖縄建設弘済会」は、建設情報誌「しまたてぃ」を編集・発行しています。創刊は1996年、季刊(1月・4月・7月・10月)で3,300部を発行。広範な内容の地域情報や建設産業を取り巻く「新しい変化」に対応した情報誌です。

 91号(2020年1月)では、沖縄県文化観光スポーツ部空手振興課の崎原恭子さんと仲村顕さんによる記事「空手を伝え、広める!」(記事のPDF)が記載されました。

 

沖縄空手会館の利用について
2020.03.05

 新型コロナウイルスの感染予防及び拡散防止のため、沖縄空手会館管理事務所はいくつかの対策を実施しています。

 http://karatekaikan.jp/info/notice-about-exhibition-facility/