オーストライラ士官候補生団が沖縄空手を体験
2019.04.19

 

 案内センターは、新年度初の空手体験プログラムを実施した。

 4月中、沖縄戦について研修を受けるためオーストラリア国防大学の士官候補生13名が訪沖した。滞在中、沖縄の文化、特に沖縄空手の体験を希望していたので当センターに相談があった。

 4月14日に、ロス・キェブル中佐とリンドセイ・アダムス少佐を先頭に士官候補生団が沖縄空手会館を訪れ、空手着に着替え、鍛錬室に向かった。

 今回指導をお願いしたのは、上地流空手道拳優会範士9段の新城清秀先生、新城成博先生、松崎賀充先生ら8名の皆さん。

 士官候補生の皆さんは、90分余り上地流の特徴を学んだ:基本中の基本である型「三戦」、基本技の反復練習、分解、小手鍛え足鍛え。

 最後は、拳優会のメンバーより演武が行われた。滞在中のオーストラリア出身、7段デニス・ブレット先生、新城成博の諸先生が型、比嘉進と国吉洋一郎の両先生が約束組手を披露した。

 未経験者であったオーストラリアの生徒の皆さんは、真剣に沖縄空手を体験し、「全員とても楽しく体験ができました。みんな深く感謝しています」とキェブル中佐はコメントした。

 

 

今回のプロジェクトは、嘉手納空軍基地で歴史担当を務めるイバン・ムクセン氏の協力があってできたものです。お礼申し上げます。

ハーリーの季節が今年もやってくる
2019.04.12

 

 那覇の三大祭りである「辻じゅり馬祭り」、「那覇ハーリー」と「那覇大綱挽」。

 3月末の「辻じゅり馬祭り」は、琉球独特の歌謡や踊り、料理などでお客をもてなす「花ぬ島」とも呼ばれた辻遊廓の豊年祈願と商売繁盛の祈願祭です。

 ハーリーは、豊魚祈願と安全祈願を目的とした海神祭の一環と一般的に知られているのですが、本来の『ハーリー』とは、五穀豊穰と民安を祈願するという目的のもと、始められたと伝わっております。

 綱引きは、地方の農村行事としての稲作のための雨乞いや五穀豊穣の御願綱として催されます。それに対して大綱挽は、町方(都市)の綱として、交易都市那覇を象徴する行事として開催されます。

 5月3日~5日の那覇ハーリーの開催の前に、ハーリー由来まつりも沖縄空手会館がある豊見城城址公園内の豊見瀬御嶽で行われます。その際に、空手の演武も行われますので、是非、ハーリー由来祭りと那覇ハーリーにご参加ください。

 

 ハーリー由来について、豊見城爬竜協会が発行する資料をPDFで紹介します。

 日本語版のPDF

 英語版のPDF

 

刀狩りについてのコラム
2019.04.09

 尚真王時代に行われた「刀狩り」についてコラム「「刀狩り」に疑問を公開しました。

 

GWに向けての空手体験プログラム
2019.04.05

 

 今年のゴールデンウィークは、427日(土)から56日(月)の10連休になります。GW期間中、案内センターは初心者向けの「2019年・GW沖縄空手体験プログラム」を企画しています。詳細は、下記の通りになります。

   日程:427日(土)から56日(月)

   時間:1回目:午前10時~11時(60分)

      2回目:午後2時~3時(60分)

   詳細:専用ページを一読下さい。

   備考:事前予約要(前日までに)

   お問い合わせ:沖縄空手案内センター(098-851-1088)

 

 なお、2019年度児童福祉週間に伴い、5月5日(日)子どもの日は、小学生の資料室の入場料は無料となります。

 

 

空手と泡盛のコラボ
2019.04.04

 2018年夏以降沖縄の空手界は、泡盛の市場拡大に向けて情報発信事業に協力しています。

 この事業は、「琉球泡盛海外輸出プロジェクト行動計画」の一環であり、内閣府沖縄振興局、沖縄総合事務局、沖縄県酒造組合がすすめています。

 事業開始から、多くの先生方がプロモーション動画に出演され、20188月以降、PR動画サイト「沖縄伝統空手チャンネル」でインタビュー、指導や稽古の様子が公開されています。2019118日現在、実績動画視聴回数は153万回。

 

 

 なおお知らせになりますが、413日~14日、那覇市にあるセルラーパークで「2回島酒フェスタ」が開催されます。その際にジェトロ沖縄は、在沖外国人や海外のお客様向けの泡盛セミナーを開催いたします。セミナーは英語、日本語それぞれ1回ずつで行う予定です。

 島酒フェスタは入場無料で、本セミナーも参加費無料でございますが、島酒フェスタにて試飲をされる場合は試飲チケット(事前1,500円、当日2,000円)をご購入いただく必要がございますので、ご留意ください。

 詳細は、イベントのパンフレットPDF(ページ1~2英語、ページ3~4日本語)をご覧ください。