空手振興ビジョンシンポジウム
2018.10.16

 中部と北部のシンポジウムに続き、沖縄タイムス本社にて、第3回になる「沖縄空手振興ビジョンロードマップ(仮称)策定シンポジウム」が11月6日(火)に開催されます。

 

 

申し込みはhttps://oki-krt.com/まで。

平成30年度前期のマッチングレポート
2018.10.12

 2018年4月から9月末まで沖縄空手案内センターは、26ヶ国や地域から98件の個人や団体からの依頼を受け、県内の町道場や指導者へ合計446人を対象にマッチングを行いました。昨年と比べてマッチング数字を大きく上回ったことになります。(昨年の前期レポートはこちら

 皆さんは、県内の45の町道場主及び指導者の下で沖縄空手・古武道を学びそして研究しました。

 地域別の人数は、ヨーロッパ地域89人(40件)、アジア地域195人(24件)、アメリカ大陸87人(28件)、その他のアフリカやオセアニア地域75名(6件)の内訳となります。

 問い合わせの多かった国は、アメリカ、フランス、日本、スペイン、ドイツの順となります。

 ご協力いただいた49の道場の皆さんや指導してくださった先生方に厚く御礼申し上げます。引き続きよろしくお願い致します。

 沖縄で稽古をしたい方は、お気軽にお問い合わせください。

 

ニュージーランド主催の国際セミナー。指導は小林流究道館の比嘉稔先生。

 

オーストラリアの団体。受け入れ先は、小林流守武館上間道場です。

 

アメリカの団体の受け入れ。指導は、少林寺流の親川仁志先生。

 

中国の団体の受け入れの際に指導する琉棍会の伊波光忠先生。

沖縄空手振興シンポジウムの開催
2018.10.01

 沖縄県空手振興課が「沖縄空手振興ビジョンロードマップ策定シンポジウム」を開催します。

 詳細は、下記のチラシをご覧ください。

 

 

チラシのPDF

朝日新聞で空手特集
2018.09.28

 

 朝日新聞の「be on Saturday2018922日号の『みちのものがたり』に、空手の特集が掲載されました。「空手の普及への道」、「柔道界が支え、本土へ足場」、「進む競技化、伝統『継承』も」という内容が紹介され、沖縄空手会館や沖縄空手案内センターも記事内に紹介され、全国にPRされました。

2018年の「空手の日」行事
2018.09.14

 沖縄県が制定した「空手の日」を記念するとともに「空手発祥の地・沖縄」を国内外に強力に発信することを目的に、10月25日と10月28日に下記のイベントが開催されます。

 

「空手の日」奉納演武

  日 時:平成30年10月25日(木) 13時~14時

  場 所:沖縄空手会館 守禮の館

  主 催:沖縄県、沖縄県議会、沖縄伝統空手道振興会

 

 「空手の日」記念演武祭

  日 時:平成30年10月28日(日) 15時00~

  場 所:那覇市の国際通り

  主 催:沖縄県、沖縄県議会、沖縄伝統空手道振興会