2018/02/08

 

 日本トランスオーシャン航空(JTA)は、「空手発祥の地 沖縄 /OKINAWA THE BIRTHPLACE OF KARATE」がデザインされたボーイング737800型(165席)を発表した。

 除幕式は、27日、那覇空港内のJTAメンテナンスセンターで行われた。式典には、JTA関係者、沖縄県関係者の他、沖縄県指定無形文化財「空手・古武道」保持者の上原武信、東恩納盛男、仲本政博の諸先生、県体育協会副会長の佐久本嗣男氏が出席した。また、沖縄劉衛流空手・古武道龍鳳会の喜友名諒と下村世連両選手が、形の演武を披露した。

 沖縄の伝統空手をPRする沖縄県の広報事業の一環であるこのプロジェクトでは、デザイン機を通じて「空手イコール沖縄」を強く印象づけたいという目的がある。また、8月に開かれる第1回沖縄空手国際大会をPRする狙いも込められている。

 「空手ジェット」2は、2月から半年程度、那覇を発着する県内外の複数路線で運航される。

 

 関連ビデオ

https://www.otv.co.jp/newstxt/news_sphone.cgi?mode=detail&code=20180207181511