古武道① 喜納昌盛と新城平三郎
2019.05.14

 

【沖縄タイムス】19611115

古武道① 

沖縄古武道協会(会長比嘉清徳氏)では文化財保護委員会、琉球新報社、沖縄タイムス社の後援で26日午後1時から那覇劇場で初の発表会を開く。これは滅び行く郷土の古武道を復活させようというもので、全島各地から50人余の権威者が参加し、棒、サイ、鎌、ヌンチャク、テンペ―など、60余種目を演武する。83歳の野原浦一翁(東風平村)の高齢者から24歳の年少者までまじえ、発表会にそなえて張り切っているが、そこで主なる出演者の横顔を紹介しよう。

 

筑佐事から直伝

喜納昌盛氏(79歳)

サイ

 

 「サイ」は昔 筑佐事(捕吏)が携行して王様の護衛や群衆の整理、または犯人を捕まえるために使用したもので本土の十手に似ている。

 喜納さんがサイを始めたのは十八歳のとき、村の先輩や友人から手ほどきを受けた。喜納さんの出身地島袋(コザ市)は非常にサイが盛んで、一種の護身術として村の青年たちに普及されていたという。しかしこれらはいずれも自己流筑佐事のまねをして習得したものであったようだ。

 現在沖縄にサイの使い手はたくさんいるが、流派はなく型が統一されていない。喜納さんのサイは首里城に使えていた筑佐事の大筑(役名)から直伝されたので、いわゆる正統派ということになる。サイは「打つ、受ける、つく、打ち落とす」のが主で、護身のための武術である。喜納さんは「天の下で悪いことはできない。サイに先手なし」と弟子に教えていると語っていたが、三十二年間教職につき、またクリスチャンとして静かな余生をおくっている。弟子には喜屋武真栄、泉川寛徳、喜納昌伸さんなどサイの使い手として知られている人がいる。「もう八十歳になるおじいさんだよ」と喜納さんは大きな声で笑っていたが、サイを使う手さばきは鋭く、こんどの那覇劇場での発表会は生涯をかけて習得したサイの技と奥手を紹介したいと語っていた。明治十五年生まれ。 

 

********** 

南京で〝術〟を修業

新城平三郎氏(47歳)

空手術

 

 大正三年読谷村字宇座に生まれる。父が空手の好きな人だったので、小さいころから空手に親しんだ。十七歳のとき父の勧めで中国(南京)へ渡り、官明先生の道場で空手術の修業をした。空手は武器や芸でもない。精神の鍛練が目的である。空手術・・・〝術〟というのは精神の修養を意味するものだと、話している。発表会では八番線(針金)を腕に通すことになっている。細い火ばしのようなもので、空手で気合をかけ、一気に腕を通してしまう。一滴の血も出ないし、何の痛みも感じない、というから人間わざとは思えない術である。

 この術を習得するには、よっぽどの精神の修養を積み、六年間も没頭した。空手で鍛えたがっちりした体格、盛り盛りとした筋肉が、鍛錬の苦しかったことを物語っている。

 戦後、本土(鹿児島)に引き揚げたが、高松宮殿下が鹿児島へおいでになったとき、歓迎会で空手術を披露した。今までに十八回、八番線を通したが、高松宮殿下の歓迎会でやったのが、一番印象が深く、陛下も不思議がって、痛くはないかと労をねぎらわれたという。

 術をかけ針金を通してしまえばそれまでだが、精神統一を行い、術をかけるときの神経と体力の疲労はなみたいていなものではないという。「こんど久しぶりに公開できるので喜んでいます。その日の術のかかりぐあいがうまくできるか、できないかの分れ目になる。沖縄では私だけしかできない空手術だといって、古武道協会が推せんしていますので、ぜひしっかりやらねば・・・」と、八番線を手にしてはりきっている。現在那覇市西武門で製靴店を営んでいる。

 

特集の一覧に戻る

「刀狩り」に疑問
2019.04.08

 2019年37日・8日琉球新報には、『よくわかる沖縄の歴史-社会変化を読み解く-第8話、尚真の時代は「黄金時代」か』①と②という文化コラムが掲載された。執筆者は、1941年那覇市生まれ、沖縄史学者・農学者、沖縄国際大学名誉教授の来間泰男氏。

 氏の記事では、沖縄空手歴史によく出てくる尚真王時代の「刀狩」について意見が述べられています。下記に、来間氏のコラムの一部を引用します。

 

《・・・・・・》

 まず、正史の中でも最もくわしい【尚真の業績-『球陽』】の記述を紹介する。球陽研究会編『球陽』読み下し編に33の項目があり、その4番目は下記の様に記述がある。《・・・・・・》

④刀剣や弓矢などを蔵にしまって護国のために備えた。

《・・・・・・》

 次に、【百浦添欄干の銘】について記述する。《・・・・・・》現物は残っておらず、撰者も不明だが、漢文で書かれたこの銘文は『琉球国碑文記』に記載されている。その内容は尚真王の功績をたたえたもので、11項目が列挙してある。そのうちのいくつかは『球陽』にも取り上げられていた。《・・・・・・》

刀剣弓矢の類は収容して、もっぱら護国利器とした。

 

武器は放棄されたか

 

 ④とⓔから、これまで、首里王府自体が武器を放棄したかのような理解が見られたが、そうではなかったことが、多くの研究者によって指摘されている。これは、王府の武器放棄ではなく、王府によって武器が一手に掌握されたことを述べているのである。語句の解釈としてはそれでいい。

 武器を回収したから「刀狩」だとする者もいる。日本史の上での「刀狩」との区別を明確にしておかなければ、誤解を招くことになるだろう。日本史では、豊臣秀吉の時代に刀狩があったが、それは武士から回収したのではなく、百姓(農民)から回収して、身分の区別をはっきりさせたのだった。琉球の場合は、「武士」とみなされている「按司」から回収したというのである。

 それでは、本当に、按司たちから武器を回収したのだろうか。もともと組織的な武力集団のいなかった琉球である。武器は、多少はあっただろうが、按司たちにとって重要な物ではないかと思われる。実態として武器が備えられていないということを見て、そのことを尚真の功績として書き上げたものではないだろうか。《・・・・・・》

京阿波根実基、宝剣と空手
2019.01.21

 1522年宮古の仲宗根豊見親から献上された宝剣は王様の守刀として治金丸(1)と命名された。

 京阿波根実基(生没年不詳)は、尚真王の命を受けて宝剣を研ぎ師に鑑定させるために京都へ行くことになった。京都で研ぎ師に鑑定してもらい、無事任務を果たし宝剣を王府に持ち帰った。

 しかし、持ち帰った宝剣は研ぎ師によって取り替えられていたことが判明した。治金丸は京都の研ぎ師を唸らせるほどの名刀だった。持ち帰った宝剣が偽物であることが判明し、再び京阿波根は京都に赴くことになった。3年間探し続けた結果、やっと宝剣を発見し、無事持ち帰ることに成功した。

 王は大いに喜び、京阿波根にたくさんの褒美を与えた。京阿波根の武勇の名声はますます高まっていった。名声が高まれば高まるほど、名声をねたむ者も現れ、ついに王の耳にはいることになったが、王はあえて世間の讒言に取り合いませんでした。ある日、京阿波根を朝廷に招き入れて歓談し、茶をすすめた。しばらくして童子がその隙を見て進み寄り匕首で京阿波根を刺した。

 このときの状況は『球陽』に記述され、文中に「童子の股を空手で打破した」とあり、武術として空手が研究されていたかどうかは不明だが、このころすでに中国人が久米村に帰化しており、また、1372年より始まった朝貢貿易が活発に行われているところから、手(ティー)に中国武術の影響がすでにあったことも考えられ、興味深い記録である。

 なお、京阿波根に関連する記事は『球陽下巻 遺老説伝』、『琉球国由来記』(1713年)、『琉球国旧記』(1731年)にも関連記事がある。

 歴史的な人物である京阿波根実基が、手の使い手であったことは不明です。しかし氏の墓は現在も、首里城下を見守っております。墓は、首里寒川にある美連嶽の裏にあります。

 

 

 参考文献:沖縄空手の定本(津波清著・NPO法人沖縄空手道・古武道支援センター発注)

(1)おそらく、尚眞王のことです。なお治金丸は、那覇市歴史博物館に保管されている。写真はこちらへ

http://www.rekishi-archive.city.naha.okinawa.jp/archives/item1/2059

上地完文翁の銅像除幕式
2018.05.04

 421日、沖縄伝統空手三大流派の一つ「上地流」流祖・上地完文(1877~1948年)の銅像除幕式が流祖の生誕地である本部町の八重岳「桜の森公園」内で500名余りのが参加のもと厳かにとりおこなわれたした。写真で歴史的のその日を振り返ります。

入場

 

除幕式報告祭(神事)

 

沖宮禰宜の上地一郎氏が神事を司った

 

右から、四代目宗家上地完尚氏、上地完司氏、上地完正氏

 

沖宮禰宜・上地一郎氏は、小林流の空手家でもある

 

関係者の皆さん。前列右は、揮毫者の外間哲弘氏

 

神事が終了

 

記念植樹。今回は、本部が知られるシークヮーサーの木が植えられた。

 

四代目宗家の上地完尚氏

 

「瀬底獅子舞」が披露された

 

本部町観光協会當山清博氏の会式の辞

 

上地氏の主催者挨拶

 

本部町長高良文雄氏の挨拶

 

沖縄伝統空手道振興会理事長喜友名朝孝氏の来賓の挨拶

 

左から、2代目宗家上地完英氏、3代目宗家上地完明氏の写真を持つ親族、完明氏三男の完友氏と次男完司氏

 

左から、上原三郎氏の次男上原勇氏、上運天政孝氏、県指定無形文化財保持者上原武信氏

 

除幕その1

 

除幕その2

 

関係者の記念写真

 

上地完文翁の銅像

 

銅像前で「三戦(サンチン)」奉納演武

 

 

上地完尚氏の弟完司氏(44)

 

 

上地完尚氏のおじ完正氏(66 )

 

上地完尚氏の弟完友氏(37)

 

銅像(180cm)は台座を含めて約5メートル

 

高江靖氏の閉式の辞

 

島袋春吉氏の号令

 

有志による型「完子和」の演武

 

礼に始まり、礼に終わる

 

上地完文翁銅像建立委員会の皆さん

 

上地家の皆さん

 

除幕式に参加した皆さん

 

台座にある説明版(揮毫者:外間哲弘氏) 台座にある英語説明版(翻訳者:ミゲール・ダルーズ)

 

       

 

松茂良興作の足跡を歩く
2017.12.26

 

 泊港は、その昔、首里王府の貿易港として栄えた。特に中山王府樹立後は、泊村が海外からの玄関口として諸外国との交流がさかんになり、泊村の人達の中から、漢学、芸能、音楽、武術等、種々の分野で活躍する大家が誕生した。

 泊港に上陸した外国人は、泊の聖現寺(俗称天久の寺)の境内に、種々の物資を陸揚げし、この寺が、彼らの琉球滞在中の活動の拠点となったと言われている。中には、中国、朝鮮等の交易船が漂着することもあった。泊の人達は、漂着者の中にいる武人から武術の伝授を受け、首里、那覇とは変わった独特の泊手が誕生したといわれている。

 泊手は、照屋規箴(18041864年)と宇久嘉隆(18001850年)に始まる。この両師に師事し、後に照屋師の後を継いだのが、松茂良興作(18291898年)である。松茂良は、泊手を、首里手、那覇手と並び称されるまでに武術を高めた人で、後世、泊手中興の祖といわれた。

 現在沖縄県には、松茂良興作に関連するゆかりの地や記念碑が六ケ所ある。

 那覇市内には、松茂良興作の顕彰碑カーミヌヤー洞窟武士松茂良のリリーフがある。

 この洞窟について、孫にあたる松村(旧姓松茂良)興勝氏の著書『空手(泊手)中興の祖 松茂良興作略伝』には次のように書かれている。

 興作は、宇久嘉隆と照屋規箴より空手の手の手解きを受けて後、「興作は泊浜の『カーミヌヤー』という洞窟に住んでいた中国人【一説には琉球人が王府に身元を秘すため中国人に扮していたといわれているがいずれにしろ真相は不明】に空手の教えを乞うた。一旦は断られたが興作のたっての熱望により教授することになり・・・」と記述されている。

 恩納村には、松茂良が追い剥ぎを押さえたフェーレ岩とおがある。

 最後は、名護市に位置する松茂良興作隠棲屋敷跡があります。このことについて、那覇市泊にある新屋敷公園の顕彰碑にも次の様に刻まれている。「後難を慮れ一時名護村に身を隠した」と。松村興勝氏の書籍にも同様のことが述べられている。

 泊手中興の祖として歴史に刻まれた松茂良興作は、武士としてだけではなく、人のため世のために生きるを心とし、真の武人として沖縄人の心に永遠に生きつづけるでしょう。そのことは、顕彰碑にも記されおり、それを下記に引用する。

 「泊村には昔から琉球王府よりの共有財産の外に王府の科挙に合格して官吏に登用された山里朝賢翁が泊村住民の福祉のために寄贈された内輪御持(共有財産)があった。

 明治12年廃藩置県の際日本官吏が其の財産迄引き揚げるべく策を計ったが松茂良興作外泊の武人の身命を賭した気概に断念しこの浄財は今尚泊先覚顕彰会の基金に活用されている。我々は破邪顕正の道を貫いた拳聖松茂良の名を永遠に残す。」

 

 

参考資料:空手道・古武道基本調査報告書、沖縄県教育委員会、松村興勝著『武士 松茂良興作略伝』(1970年発行)