フランスのカメラマンの取材
2018.03.26

 写真家のステファン・クテル氏はOCVBの招聘を受け、32 日~20日、ダイビングと空手を中心に沖縄各地を回って取材した。案内センターは空手の取材コーディネートを行いました。

 クテル氏は、和道流空手道2段の腕前で、長年稽古している。クテル氏いわくフランスでは、沖縄は空手の発祥の地として知られてはいるが沖縄の流派はそれほど普及しておらず、あまり知られていない。17日から26日まで、各流派の師範のインタビューと写真撮影を行った。

 取材を受けたのは島袋春吉、外間哲弘、平良慶孝、上間康弘、仲本政博、東恩納盛男の諸先生方。24日・25日行われた第一回沖縄空手国際大会県内予選も取材し、26日は、沖縄県庁を訪れ、空手振興課の山川哲男課長もインタビューした。5月以降数仏武道雑誌KARATE BUSHIDO等で記事が掲載される予定。

 下記写真で取材を振り返ります。

 

 

島袋春吉先生と息子の太希さんの撮影。

 

外間哲弘先生の博物館での取材。

 

広報担当のダルーズさんによる案内センター業務の紹介。

 

松林流を紹介する平良慶孝先生。通訳を担ったのは、マーシュ・ゆかりさん。

 

沖縄空手会館の特別道場「守礼の館」での撮影。

 

守武館上間道場の上間康弘先生のワンショット。

 

インタビュー後ステファンさんも首里手を体験した。

 

沖縄空手発祥の地の案内。

 

仲本政博先生と息子の守先生の撮影。

 

剛柔流の東恩納盛男先生の撮影。

クールジャパンの総会に参加
2018.03.16

 3月14日に日本の内閣府主催の「クールジャパン官民連携プラットフォーム総会」が東京都内の三田共用会議所で行いました。
 200名余りが参加し、沖縄県出身の国会議員、西銘恒三郎経済産業副大臣も出席なされておりました。
 総会の前半では特別座談会が開かれ、後半では活動報告と来期の活動方針が紹介された。その後交流会も開催された。
 昨年からクールジャパンアンバサダーでもある案内センター広報担当のミゲール・ダルーズは、各イベントに参加し、沖縄空手のPRを図った。
 クールジャパンについてはこちらのウェブサイトをご覧ください。

 

 

(写真提供:西銘恒三郎事務所

第33回沖縄県空手道古武道演武大会
2018.02.26

2月24日(日)沖縄県立武道館にて、沖縄県空手道連盟が恒例の演武会を開催しました。第33回となりました。18の演目で構成されたこの演武会の写真が守礼堂の公式FACEBOOKで公開されています。

https://www.facebook.com/shureido.co/media_set?set=a.198418950907447.1073741872.100022180292409&type=3

沖縄空手会館1周年記念イベント
2018.02.23

沖縄空手会館オープンから一年になります。

記念に、3月4日(日)に記念イベントが開催されます。

詳細は、下記のチラシをご覧ください。

「空手ジェット」の誕生
2018.02.08

 

 日本トランスオーシャン航空(JTA)は、「空手発祥の地 沖縄 /OKINAWA THE BIRTHPLACE OF KARATE」がデザインされたボーイング737800型(165席)を発表した。

 除幕式は、27日、那覇空港内のJTAメンテナンスセンターで行われた。式典には、JTA関係者、沖縄県関係者の他、沖縄県指定無形文化財「空手・古武道」保持者の上原武信、東恩納盛男、仲本政博の諸先生、県体育協会副会長の佐久本嗣男氏が出席した。また、沖縄劉衛流空手・古武道龍鳳会の喜友名諒と下村世連両選手が、形の演武を披露した。

 沖縄の伝統空手をPRする沖縄県の広報事業の一環であるこのプロジェクトでは、デザイン機を通じて「空手イコール沖縄」を強く印象づけたいという目的がある。また、8月に開かれる第1回沖縄空手国際大会をPRする狙いも込められている。

 「空手ジェット」2は、2月から半年程度、那覇を発着する県内外の複数路線で運航される。

 

 関連ビデオ

https://www.otv.co.jp/newstxt/news_sphone.cgi?mode=detail&code=20180207181511