首里城炎上
2019.10.31

 

 10月31日午前2時半ころ、かつて琉球王国と沖縄県のシンボルである「世界文化遺産」の首里城で火事が発生し、「正殿」、「南殿」から「黄金御殿・寄満」の一連の建物などが全焼しました。

 琉球王国時代王家の居城・首里城は、過去1453年、1660年、1709年、1945年に焼失しました。戦後、城跡地に琉球大学が建設され、1980年の大学移転後、首里城復元が本格的に行われた。1992年に、正殿等が復元され首里城公園が開園された。その時の首里城復元落慶空手奉納演武では、沖縄空手の重鎮が演武されました。

 

 

@外間哲弘著「History and Tradition of Okinawan Karate」

 

 2000年には、首里城跡として「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の一環として世界遺産に登録された。

 その後、2019年より新たに首里城「奥」の世界である御内原を中心に、新規エリアが開園されました。

 これまで、世界遺産と観光スポットとして多くの観光客が城を訪れた。首里手と沖縄空手に深いゆかりを持つ首里城は世界の空手愛好者が見学に訪れました。

 今回、歴史上5度目の焼失を受け、沖縄県民、世界のウチナーンチュと空手愛好家は大きなショックを受けて、お見舞いのメッセージが世界中から相次いで届いています。

 アマゾンの森林、カリフォルニア州と地球上のあらゆる場所での火災を含むすべての「かなしみ」にお祈り致します。

 

 寄付の相談・提案は既に受けていますが、只今、沖縄県空手振興課と連絡を取り合っており、新しい情報が届きしだだいお知らせします。

石川逢英並びに比嘉清徳についての記事
2019.10.29

 沖縄タイムスの1961年の古武道連載の7つ目の記事を公開しました。

第一回の空手体験プログラム実施
2019.10.27

 今日、沖縄空手会館において、沖縄空手会館(指定管理者OCVB)と沖縄伝統空手道振興会は、初めて、一企業を対象に『空手体験プログラム』を実施しました。

 このプログラムは、振興会がこれまで数回にわたり観光団のため実施した演武と体験プログラムを基本にして座学を加えたものです。これから両団体は、この新商品を教育旅行の体験学習やMICEの体験メニューとして活用できるようにPRしていきます。

 初回は、本土から来沖された一企業42名の方々に沖縄空手・古武道を紹介しました。演武者・指導者は、小林流上間道場の上間建先生、上地流拳優会の比嘉進先生と久高先生、剛柔流明武舘の八木一平先生、古武道琉棍会・究道館本部道場の金城美佳さん。

 尚、このプログラムについてのお問合せは、沖縄空手会館管理事務所まで。

 

  

 

 

第一回沖宮空手祭
2019.10.26

 10月25日、空手の日を記念に、奧武山の一番高い南東の山天燈山にある沖宮の「第一回沖宮空手祭」が行われた。宮の入り口には、「空手に先手なし」の顕彰碑があります。この地を空手の聖地にしたい神主の上地一郎氏(小林流6段)の指揮で、祭事、空手演武とコンサートが催された。なお、敷地内にある観権堂では、金の武神像(ブサーガナシー)も祀られた。

 

沖宮の神職の上地一郎さん       外間哲弘先生による空手の講話

 

  

剛柔流 八木一平先生         古武道 伊波光忠先生

 

 

沖縄拳法 山城美智先生                                  古武道 與儀清先生

 

    

 ブサーガナシー

 

 記念クリアファイル

 

空手の日 奉納演武 2019
2019.10.25

 本日、沖縄空手会館で「空手の日 奉納演武」が行われました。写真で振り返ります。

 

 

 沖縄県知事代読 山川貴子統括官    松林流 平良慶孝先生

 

 

 小林流 阿波根直信先生        少林流 佐久川政信先生

 

 少林流 島袋善保先生         上地流 仲程力先生

 

 

 古武道・保持者 仲本政博先生