新特集記事「京阿波根実基、宝剣と空手」
2019.01.21

 新特集を更新しました。特集「京阿波根実基、宝剣と空手」はこちらで掲載しています。

沖縄空手流派企画展 剛柔流 流祖 宮城長順
2019.01.15

 沖縄空手会館の資料室において、新規企画展が予定されています。

  • 企画展タイトル(予定):「沖縄空手流派企画展 剛柔流 流祖 宮城長順」
  • 企画展会期(予定):2019年3月14日(木)~9月10日(火)
  • 企画展概要(予定):国内外において沖縄空手を代表する剛柔流の流祖・宮城長順(1888-1953)は、沖縄や日本本土、海外で精力的な空手の指導や研究を行い、空手の普及・発展に貢献しました。本企画展では、宮城長順ゆかりの資料を公開し、宮城を中心とした剛柔流の歴史や特徴を紹介します。

 

神戸の子供が沖縄空手を体験
2019.01.13

 神戸市の児童養護施設に通う子供達が、「第11回 笑顔と感動KOBE夢・未来号・沖縄」(主催・KOBE三宮・ひと街創り協議会、ザ・ファースト)を通じて、沖縄を訪れた。

 13日に沖縄空手会館で、小学6年生の児童39人が沖縄空手を体験した。沖縄空手案内センターがコーディネートを行い、指導に当たったのは小林流守武館上間道場で沖縄尚学の空手教師の上間建ら3名です。案内センターの金城美佳さんもサポートを行った。座礼、基本動作、型と遊び感覚の組手練習で空手を楽しんだ。

 

 

 

「第11回 笑顔と感動KOBE夢・未来号・沖縄」について


琉球新報の記事の関連記事

沖縄タイムスの関連記事

参加児童に対する株式会社守礼堂様による空手衣贈呈について

「第11回KOBE夢・未来号・沖縄」において沖縄空手会館にて 空手体験を行いました

県知事で新振興会会長への表敬訪問
2019.01.13

 

 沖縄伝統空手道振興会の常任理事は、1月10日、沖縄県知事で振興会の会長になった玉城デニー氏を表敬訪問した。新会長とは、初めての面会となった。挨拶後振興会の喜友名朝孝理事長は、ユネスコ無形文化遺産登録の推進と沖縄伝統空手・古武術保持者の追加認定を要請した。

 

 

今月の特集「本部御殿手」
2019.01.10

 

 沖縄空手会館の資料閲覧室は今月、「琉球王家秘伝武術 本部御殿手」の資料特集を公開しています。会館に立ち寄る際にぜひどうぞ。